-

ボランティア募集

「点訳」「音訳」って知ってますか?

「点訳」とは、本や雑誌を点字に変えて「点字の本・雑誌」を作ること。
「音訳」とは、本や雑誌を声に変えて「声の本・雑誌」を作ること。

どちらも、目での読書が困難な方を支える、とても大切な作業です。

目の不自由さの二大困難は「移動」そして「読み書き」

目が不自由になると困難になることは、大きく分けて「移動」と「読み書き」と言われています。

「点訳」と「音訳」は、その二大困難を解消する、とても大切な作業です。

かなり「手応え」のあるボランティアです

先に正直にお伝えします。「点訳」「音訳」は「お手軽なボランティア」とは言えません。専門的な知識や技能を身につけるため、約半年間、週1回の講習を受け、ようやくスタートラインに立つことができます。

また1冊の本を「点訳」「音訳」する場合、なるべく早く完成させ、希望する方のお手元に届けるため、締切が存在します。

このように、かなり「手応え」のあるボランティアです。

「手応え」は「やりがい」です

そうしてあなたが一生懸命「点訳」「音訳」した本や雑誌は、ネットにアップされ、全国の図書館で共有されるほか、現在では全国にいる目での読書が難しいかたが、パソコンやスマホ、専用端末を使って直接読めます。そう、あなたが「点訳」「音訳」したものは、島根県だけでなく「全国」の方の役に立つのです。手応えのある作業ですがその分だけ、お気軽ボランティアでは得られない「やりがい」を感じられます。

そしてその作業は「あなた」にとっても、とても大切な作業になります。

大切な作業、「あなた」にお願いしたいです。

「点訳」「音訳」は、そのほとんどを、全国のボランティアがおこなっています。

経済状況や就業形態の変化、高齢化、ボランティアの多様化により、残念ながら「点訳」「音訳」のなり手は減少しています。

この大切な作業、ぜひ「あなた」にお願いしたいです。

ちょっとでもココロが動いたあなた、ぜひお気軽にご連絡くださいね(このページの一番下に連絡先があります)。

ボランティア募集の貼り紙